ティッシュ配りで稼ごう

日払いバイト、と聞くと皆さんどのような仕事を想像しますか?
多くの人は「どのような仕事なのか想像できない」という反応を示すかもしれませんが、実は非常に有名な仕事として「PRスタッフ」という仕事が存在しているのです。
PRスタッフ、というような名称を聞くと多くの人が「なんだか人前で話したりしていそう」というような反応になりますが、実はそのような大仕事を行うのではなく、非常に簡単かつ多くの人が日常的に目にしている仕事なのです。
その仕事というのは、町中で店舗の名称が書かれたジャケットを着てチラシの入ったティッシュを配る仕事……いわゆる、ティッシュ配り、と呼ばれる仕事なのです。

このティッシュ配りの仕事のような、目で見てわかる情報で店舗の情報を多くの人に知らせつつ、利用者を増やすためのチラシを配るような仕事を「PRスタッフの仕事」という言い方をします。
このような仕事というのは実は皆さんが想像している以上に稼ぐことができる日払いバイトなのです。
この稼げるお金というのは地域や店舗などによって変わりますが、相場としては時給1,000円程度、そして仕事時間は基本的に8時間などが多いので、1日で8,000円近いお金を稼ぎ、更にその料金に追加で「インセンティブ」という歩合分の給与を稼ぐことができるので、人によっては1日働くだけで10,000円以上の給与を手に入れる事も出来るのです。

ここまで聞くと「どうしてティッシュを配っているだけでそんなに稼げるの?」と思うはずですが、実はこれは非常に簡単な理由で、ティッシュ配りのPR効果というのが意外なほど高く、更にPR費用を安く抑えられるから、という理由があるのです。

一般的に店舗のPRを行う際、どのような店舗であっても一番最初に行うのはフライヤーと呼ばれるようなチラシを作り、町中の掲示板に掲載していったり、新聞の間に挟み込む折込チラシという物にして配る、ポスティング業者と呼ばれる人に配布してもらうなどの方法を行います。
これらの方法も確かに効果がありますが、その際にかかる費用というのは比較的高額になり、更に最近では「そもそも新聞を取っている人が少ない」「ポスティングを禁止しているマンションやアパートが多く存在する」「掲示板に貼っても誰も見ない」というような理由もあり、費用対効果が非常に薄くなっているのです。
ですが、チラシ配りやティッシュ配りのような「街中に店舗名の書かれたジャケットを着て立たせておくだけで店舗のPRができ、更に集客までできる」というようなPRスタッフを採用しておけば、通常の宣伝よりも効果が高く、更にお金を抑えて店舗の知名度などをあげていくことができるのです。
その為、PRスタッフには比較的高額な給与が支払われ、チラシの入ったティッシュを多くの人に受け取ってもらえた、チラシを見た人が店舗に来た、という際にはインセンティブが給与に上乗せされていくのです。

仕事を行う際の注意点等として「立ち仕事なのでタイミングを見て若干の休憩を行う必要がある」「ティッシュを受け取ってもらえなかった際の精神的ショックを軽減させる方法を知っておく」という物があります。
仕事中は基本的にティッシュを持って指定位置を右へ左へ動きながらティッシュを配り続けることになります。
その為、最初の1時間程度は特に何も思わなくても3時間を過ぎたあたりから徐々に足や腕が疲れ始め、8時間経ったころにはへとへとに疲れている、という事も珍しくありません。
なので、実際に働く際はサボっていると思われない程度に足や手を休め、疲労を回復させながら仕事を行う必要が出てくるのです。
そして、ティッシュを受け取ってもらえなかった際の精神的なショックを軽減させる方法ですが、ここだけ聞くと「ティッシュを受け取ってもらえなかっただけでショックを受けるなんて心が弱すぎる!」と思うかもしれませんが、ニコニコ笑いながらティッシュを差し出し続けても誰も受け取ってもらえない状況が数時間続くと「自分はいったい今何をやっているんだろう」というような虚しい気持ちになり始めてしまいます。
その為、長時間受け取ってもらえなかったときに「どのようにして気分をリフレッシュして仕事に取り組むか」というのをしっかりと覚え、作業を行う必要があるのです。

想像以上に稼げて、想像以上に辛いPRスタッフの仕事、体力とメンタルに自信がある、という人には最適な仕事なので、もしどちらも自信があるのなら、さっそく挑戦して稼いでみましょう!